戸建て住宅・リフォーム・デザイナーズリノベーション・店舗テナント工事・マンション集合住宅の修繕・公共工事の改修工事の東海建物

お問い合わせ

施工事例

シャッター改修工事

シャッター改修工事

某施設のシャッター改修工事をご紹介いたします。

当工事はお客様からの下見依頼のお電話時に既にシャッター開閉が大変困難になっており、「1日でも早く工事を行ってほしい!」とのご希望が御座いました。

お伺いしてみると確かにシャッターは錆つき、歪んでしまっていて無理やり開閉しなければならない状態。

 

ですが、すぐ施工に入ろうにもシャッター自体がメーカーから納品されるまでに約1ヶ月掛かる為、その間どうするか?このまま使い続けるのか?という状況でした。

 

今回弊社にてご提案させていただいたのは、

「メーカーからシャッターが納品されるまでにシャッターを開閉しないでも大丈夫な状況を作る」所から始めました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

CIMG5916

 

 

まずは下見にお伺いした翌日に既存シャッターの前に仮囲い扉を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そして待つこと約1ヶ月、やっと工事が始まります。

まずは既存のシャッターBOX、スラット、縦レール、沓摺を全て撤去です。

0824-CIMG0553

0824-CIMG0554

 

 

そして新規シャッターを取付けます。

実は撤去で1日工事となった為、翌日の新規シャッター取り付けまで再度仮囲い扉を付け直しました。

 

0824-CIMG0641

横浜市栄区シャッター改修工事

0824-CIMG0642

 

新規シャッターを取付けて、入隅の処理、沓摺周りのモルタル補修を行い工事完了です。

今回はいかにお客様の不便を減らすかを念頭に置き、ご提案させていただきました。

 

「直したいけれど、何時も使う場所なんだよね・・・」

「もっと使いやすくしたいけれど、具体的にどうしたらいいのか・・・」

と言ったお悩みが御座いましたら是非ご相談ください。